妻 不倫 制裁

妻の不倫相手に制裁

妻が会社の上司と不倫しているようなので調査して制裁。万が一にも嫁はんの姦淫が素っ破抜きできても、自分自身で仇討ちしない方が賢明です。というのも、自分で懲らしめを与えると、自分自身の立場が都合悪くなってしまうためです。

 

相手に負い目があるからと言って、嫁を大声で叱りつけてしまった時には、DVと解されて離婚裁判に訴えられたときにとても自分の立場が弱くなります。

 

凄まじい調子で問責されたのでうつ病になったと診断書を医療機関で書かれて、嫁さんが裁判所に手渡してしまう場合もあります。

 

あるいはまた、密夫を打倒してやりたいと立腹する方もいるのは当然ですが、姦夫に対して害を加えると自分が逮捕者になってしまいます。

 

仮に身体的暴行を働かなかったとしても、声を張り上げて怒鳴り散らしてしまうと脅迫罪で逮捕される場合もあります。

 

自らで懲らしめを課そうとすると、さね嘆かわしい成り行きになることが大抵である。

 

 

嫁はんと愛の絆を回復するためにはどうしたら最善なのか?。

 

よしんば妻が不倫をしたことが分かっても、どうにかして嫁と夫婦愛を修復したいと願うご亭主はおられると存じます。

 

一生涯、このレディーを幸せにすると決めて挙式をあげた人ですから、ゆるしてあげて、夫婦の絆を再構築したいと思う旦那さんはおられると思います。

 

そうでありながらも、注意するべきポイントは、女性の気持ちを察してあげることです。