妻 不倫

妻の不倫を見抜いて制裁する方法

妻の不倫を見抜いて制裁する方法。浮気相手とワイフが性交渉をしていた場合に、司法的な視点から姦淫と判断されます。ひっくり返して言えば、家内が浮気相手と性交していないにもかかわらず、不貞だと言って怒ってしまうと、当方の方が悪くなってしまう。

 

裏付けが脆弱である状態で、妻の不貞を問いただして不出来に終わった場合案内。

 

音声録音機へ音入れした密夫とワイフの情事を重ねる会話。

 

奥さんの生活がおかしくなり、音声録音機をポーチに隠し入れたりしておきました。

 

数日後に聴いてみると、浮気相手と性の営みをしているようね会話が確認できました。

 

こういうのは牢固たる明確な証拠だと見なして嫁に問い立てると、不義を承認しました。

 

しかしながら、いざ姦夫に慰謝料の請求をしようとすると、いきなり言葉を曲げたのです。

 

宿泊施設へ単独で入り、間男と共にではないと。

 

そういったことは通じないと受け止めましたが、ロイヤーに尋ねてみても、何てたって同棲の現場を動画撮影などドキュメントに残しておかないと、法律的に明白な情事の裏書きにはならないとの返答。

 

妻の不倫と制裁の失敗事例

 

家内が車の中で浮気相手とチューしていたにも関わらず・・・。

 

嫁はんが帰ってくるのが遅すぎるので、職場に駆けつけてみたところ、当然のごとくクローズしていました。

 

パーキングエリアにワイフのポルシェがあり、なんと奸夫とキスをしていました。

 

それを見て気絶しそうになってしまいました。

 

立腹のあまり、扉を開いて激しく叫んで叱責して、密夫の名刺をIDカードを取り上げ、慰謝料の要求を行いました。

 

だけれど、何日かして男の弁護士から知らせが来て、私が行ったことは脅迫罪に当たるから、サツに被害届を申し立てると告げられてしまいました。

 

しかも、車の中でキッスしただけでは不倫行為に相当しないので、姦淫の慰謝料を支出する責任は無いというのです。

 

私としては極めて混濁しました。

 

嫁さんが誰かと接吻していて、不倫に該当しないなんてバカにするなと思いました。

 

遂には、示談になったのですが、自分としては遺憾な心境です。

 

妻 不倫記事一覧

妻が会社の上司と不倫しているようなので調査して制裁。万が一にも嫁はんの姦淫が素っ破抜きできても、自分自身で仇討ちしない方が賢明です。というのも、自分で懲らしめを与えると、自分自身の立場が都合悪くなってしまうためです。相手に負い目があるからと言って、嫁を大声で叱りつけてしまった時には、DVと解されて離婚裁判に訴えられたときにとても自分の立場が弱くなります。凄まじい調子で問責されたのでうつ病になったと...